OFFICIAL BLOG of

照らし屋のヒカリゴト
<不定期更新>

2016年7月

image1-2

2016年7月13日

京都の提灯職人 小嶋商店が展開するブランド 小菱屋忠兵衛にて作ってもらった提灯。

image1.JPG

イサムノグチのレプリカもチープに見えてしまう程の質感に惚れ惚れします。
荒い和紙の透け感も、
繊細な竹の密度も、
その竹の節の流れが見えてくる感じも、
とても美しい。
小菱屋忠兵衛はイケメン兄弟職人としてちょこちょこメディアにも登場している兄弟なので、
提灯か、京都の職人か、イケメンに興味ある方はチェックしてみて下さい。
小菱屋忠兵衛
小嶋商店
京都という土地柄、提灯の似合う案件も少なくないので、今後も色々とお世話にならせていただく予定です。


また、この提灯を実際に空間に吊るした様子は、物件が竣工次第ここかinstagramにアップします。

image1-1

2016年7月11日

image1.JPGブログ再開に伴い一発目に何書こうか迷ったけれど、やっぱりブルーモーメントの話だなと。

セミナー等で光の話をするときに、まず最初に話すのもこの話。
ブルーモーメント

よく晴れた日の、日没後から暗くなる前までの20分ほど訪れる青の時間。
image2.JPG
あらゆる陰影が青色に染まる、この僅かな時間帯にみる暖かな色合いの光が最も美しいと言われており、僕もそう思います。
元はフィンランドの言葉のSininen Hetki(読み方忘れた)を英訳した言葉で、北欧のように緯度が高い地域では、季節によっては青の時間が何時間も続きます。

そしてこの時間の美しさを大事にした結果、北欧の光はとても質の高いものになったとも言われています。
 
また、この時間をマジックアワーと呼ぶ方もいますが、これは夕焼けから夜へと空がみるみる移り変わっていく時間帯をさしているので少し違います。
ブルーモーメントはその中のもっと儚い時間を指していて、言葉としてもこちらの方が儚く美しいと個人的には思います。
まだまだいくらでも書きたい題材ですが長くなると続かない事がわかったので、ここで切ります。
#写真1 ガラスの茶室(設計:吉岡徳仁)@京都将軍塚青龍殿
#写真2 LPA展覧会 Nightscape2050

2016年7月5日

スクリーンショット 2016-07-05 16.51.00

数年ぶりにホームページの更新をした。

サボってた訳ではなく、MacのOSをアップデートしたらホームページの編集ができなくなってしまい、

ソフトを新しくしてほぼ1から組み直す必要があったため、面倒くさくてサボってた。

 

ブログも書かず、twitterもつぶやかず、プロジェクトの実績もアップせず、全力でサボってた。

 

今年のはじめに、仕事内容が知らない人でも分かるよう写真だけでも見れるようにしておけといわれたので、

instagramでルミノシティアカウントをつくって、ちょっとずつアップしていってたけども、

まあ普通に考えたら結局知らない人はそれも見ることもないので、ホームページにinstagram連携させることにした。

ついでにブログもちゃんと環境を整えようと思い、ホームページ内に組み込んだ。

 

で、今書いてるのはテスト投稿。

 

うまくホームページに反映されたら、今後はちょこちょこ書いていこうと思います。

 

よろしくお願いします。